地球は有限資源は質が全て
私のBLOG:石油ピークもったいない学会(HP)

next 1 2 3

 「社会イノベーション」としての「日本のプランB」

崩壊するエネルギー基盤、世界はその先に何を見るのか

「メタンハイドレートにダマされるな」週刊文春13年4月4日号その文章

毎日新聞記事12/8/24夕刊「原発の呪縛日本よ!自然は有限 脱浪費を」

「成長の限界」を再び問う石川宏「もったいない学会」サロン講演会2014年1月21日東大山上会館

「シェール革命断章取義」−開発サイドから見たその実相、実態椙岡雅俊INPEX副会長

シェールオイル・ガスの減退は早い、低EROI=EPRで環境問題も(下図米Bakkenの例)

http://news.silverseek.com/SilverSeek/1318263505.php


「第三の経済学」ニコラス・ジョージェスク=レーゲン

経済のプロセスはエントロピー的である: それは物質、エネルギーの生産も消費もしない、 ただ低エントロピーを、高エントロピーに変換するのみである

地球は寒冷化に向かっている 

温暖化よりエネルギー・食料危機  排出権取引より低エネルギ−社会
地球は有限(HP本体

石井吉徳: Yoshinori ISHII

  (since1999-5)

WWW を検索 本ホームページ内を検索
next 1 2 3

石井レポート
海洋資源大国は「幻」、質を見ねば国を誤る FACTA:2013年8月号
メタンハイドレートは資源ではない  2011年10月 オルタナ・オンライン
低エネルギー社会はEPRが決め手  2011年7月 オルタナ・オンライン
石油ピークは文明ピーク Actio2010年12月号
IEAは真実を語らない、如何にして操作されたか 2010年9月
メキシコ湾の未曾有の石油事故は「石油ピーク」の間接的な証 2010年6月
「石油文明が終る、日本はどう備える 2010年5月12日
米軍関係レポートが大幅な石油減耗を警告英国のguardian紙(2010-4-11)
「温暖化と思考停止」経済倶楽部(東洋経済)浅野純次理事長 (経済倶楽部講演録 2010.3)
迫りくる石油ピーク、日本はどう備える2010年2月10日 東大山上会館:もったいない学会シン
「低エネルギー社会 −日本の科学も改革が求められる石井吉徳 (2009-11月、日本理容美容センター:研修紀要)
電気自動車の未来?知られざる「リチウム・イオン電池の課題」
「温暖化防止で世界のリーダーシップは取れない」:赤祖父俊一(2009−9)
「自然変動の解明なしに気候予測は不可能−温暖化が止まる理由」:赤祖父俊一論文(2009年5月、現代化学別刷
文藝春秋誌(2009)の「経済恐慌は電気自動車とソーラーで」は本当
「リチウム資源枯渇と激甚の環境破壊」をお忘れなく
トヨタ技術会08年7月25日豊田市トヨタ事務本館大ホール 「石油ピークが来た」

情報、話題など
必見perfect storm:energy, finance and the end of growth :Tullett Prebon 2013
中国経済の新たな不安材料:石炭ピーク
2050年までの世界のエネルギー(PaulChefurka
ピークオイルと人類の運命
資源は質が全て、エネルギーとEPR
3種の変化のタイプ:実の世界と虚(マネー)の世
「国際エネルギー機関:IEA]が「石油ピーク」を認める

エネルギー源とEROEI=EPR(Energy Profit Ratio)

perfect storm:energy,finance and the end of growth

EPR=EROEIが低下するとGDPに占めるエネルギーコスト急増、現代文明は持続しない(下図)

エネルギーと質:Gross/Net Hubbert Curve
2007年 日刊工業新聞社
石油発見量と消費(Bartlett議員: 2005米議会の証言資料)
脱炭素より低エネルギー社会 エネルギーを理解しないIPCC

Copyright Y.Ishii:著作権は石井吉徳:リンクは歓迎、本ウェブサイト内の情報を許可なく複製・転用・二次利用を禁じます